吉原育子法律事務所 > 新着情報 > 【法っと(ほっと)通信 第2号】

【法っと(ほっと)通信 第2号】

■--------------------------■

 

      法っと(ほっと)通信 第2号

 

■--------------------------■

 

 

皆様こんにちは。

 

ご無沙汰しております。吉原育子です。

ここ数日ですっかり寒くなりました。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

第1回のメールマガジンの配信から少し間が空きましたが、

いよいよ第2回目のメールマガジンです。

 

-----------------------------------------------

   法っとコラム ~ 最近話題の『マタハラ』とは? ~

---------------------------------------------

 

◆マタハラって何?

 

「マタハラ」という言葉、皆様、耳にされたことありますか?

 

つい先日、厚生労働省が働く女性を対象にマタハラの実態調査をしたデータが

新聞に掲載されていました。

 

 

では、一口に「マタハラ」といっても、具体的にはどういう場合のことを指すのでしょうか?

 

 

マタハラとは、正式に言えば「マタニティハラスメント」といいます。

 

簡単に言えば、妊娠を会社に報告したら、上司から『迷惑』

とか『辞めたら?』などの発言をされ、実際に不利益な処遇を強いられることです。

 

 

◆不利益取扱いは法的には原則違法

 

法律では、妊娠や出産などから1年以内に上記のような

不利益な取扱いをすることは一定の例外にあたらない限り、違法であるとされています。

 

 

したがって、会社においても、女性を雇う際は、

あらかじめ妊娠・出産を想定した人員の配置をしておき、

従業員にとって不利益な処遇をする際は適切な説明・方策を尽くす必要があります。

 

 

◆実際の解決方法

 

実際の解決方法は、まず、裁判外において交渉を行います。

 

交渉でも上手くいかない場合、裁判所に持ち込むわけですが、

労働紛争の場合は「労働審判」という、早期解決を目的とした、

比較的簡単な手続きがあります。

 

 

通常の裁判の多くが7、8回は期日を開き、

判決まで1年~2年はかかることが多いことからすれば、

非常にスピード解決を望めるやり方です。

 

 

◆最後に

 

職場で自分は正当なことを言ったはずなのに、何かおかしい、

法律ではどうなっているの?と思うことがあればお一人で悩まず、

まずは弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

 

 

☆ お問い合せ ☆  ホームページから 

http://ikuko-yoshihara-law.jp/

-----------------------------------------------------------------

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目8番18号 天神パークビル4階

吉原育子法律事務所

弁護士 吉原 育子

Tel 092-722-1501  Fax 092-722-1502

-----------------------------------------------------------------

▲このページの上へ